有機小麦のうどん


■商品詳細

ご夫婦そろって移住者であるお2人が、有機栽培した南部小麦を使用し昔ながらの製法で作ったうどんです。つるりと食べやすくモチモチしたうどんらしいうどんです。

素朴なパッケージも魅力なkegoyaの商品はうどんの他、お菓子やお米などもステキなギフトセットにして取り扱っています。

金額 税込420円
商品名 おうどん(干しうどん)
内容量 250g
原材料名 

南部小麦(山形県小国町産)、天日塩

保存方法 常温
生産者 kegoya

■うどんについて

 

取材:早稲田大学 西田賢治 (2017年9月)

小国の気候は麦づくりには向かず厳し環境であるが、それ故出来上がった麦は美味しいという。その小麦を使ったうどんの製麺所にもこだわりがある。うどんの本場であ北関東の栃木県にある製麺所に委託する。昔ながらの機会を使用しできたうどんはきしめん程の細さで、風味がとても良い。ものが良いため、小国にとどまらず東京などでも買う人がおり、より多くの人に食べてほしいというのが奥さんの願いだ。

小麦は中心部だけでなく川に近い部分も使用することで、うどんの風味が増している。


■kegoyaについて

 

やさしさあふれる柳沢さん

柳沢さんの話し方はとても穏やかで丁寧だった。毎日、柳沢さんの作る食材を食べたいと思うような安心感がある、人柄の良い人だった。

柳沢さんの出身は千葉県であり、小国町ではない。紹介で小国町を訪ねた際、幼いころの東北の山の風景と合致し、マタギに触れ、現在の生活の基盤である炭焼きを知り、就職先を決めた。農業をするからには、楽しもうという思いから、様々な食物を扱っている。麦や米作りも行う。どちらも有機栽培にこだわっているとおっしゃっていた。

 

小国に来て新たに気付いた魅力を尋ねると、人の強さ、良さだと答えた。まさに柳沢さんは小国の魅力だと思った。

 

柳沢悟さん

kegoya(けごや):昔、山で作業をする時に使用した作業小屋のこと。自宅の横にはカゴ作家の柳沢茜さんが主に作業場所として使用している「けごや」と名付けた作業小屋があり、同時にkegoyaという屋号にもなっている。

■他のkegoya商品について

 

米を使用したお菓子

 周辺に家がないため、ブナの原生林から湧き出たきれいな水を使用することができ、また寒暖差の激しい気候もあり、米がほかの地域の人から褒められるほどに美味しい。その米を使い、周りの人が手を付けていないものをつくりたいという思いから、ポン菓子を始めた。

 ポン煎は、玄米7割・白米3割の組み合わせで作られ、塩味のみでさっぱりとした素朴な味わいだ。食べていくうちに、玄米の香りが口の中で広がっていく。昔ながらの味なため、年配の方々からの人気が特に高いそうだ。潰すことで赤ちゃんの離乳食としても食べられる。

 ポン菓子は甘くて食べやすい。一度食べるとやみつきになる。どの世代の方からも愛されることは間違いない。